冷凍と常温の差

弁当

腎臓病食の宅配サービスを利用したいのは、自炊も出来ない男性に多いようです。気になるのは料金ですが、賞味期限1ヶ月以上の冷凍と、その日が消費期限となる常温では、1食あたり300円ほどの差の開きがあります。様々なお店が腎臓病食の宅配サービスを提供しており、比較をするのなら初回購入者価格を見てみましょう。ちなみに、全国宅配可能とする冷凍7食あたり5000円が相場になっているようです。内容は、主菜が1品、副菜が3品で白米はついてきません。お肉よりも下処理に手間のかかるお魚の方が若干割高感があるようですし、朝食より夕食メニューの方が食費もかかる傾向ですから、手間をかけずにすむ夕食メニューに評価がついています。手軽さで言えばコンビニですが、こだわりのお弁当の価格が500円前後ですから、やはり病人食はわりかし高め傾向にあるのは致し方ないようです。しかし、味は美味しい評価がしっかりついています。

定期コースを利用

弁当

腎臓病食の宅配サービスも、様々なお店が提供しているだけに、どこを選ぶべきか悩む人もいるでしょう。低たんぱく食と減塩をメインとした食事になりますから、腎臓病の悪化を防ぎ、透析の回避も可能になるかもしれません。それを考慮すれば、医療機関が推奨する20~30gの低たんぱく食が理想的であることが理解できるのではないでしょうか。白米を減らすこと、いわゆる低たんぱくのものを選ぶことにより、その分おかずの品数を増やせることもあります。基準とすべきは、ご飯なしのおかずのみです。また、朝・昼・晩の3食とも腎臓病食の宅配サービスを利用するのであれば、定期コースを利用しましょう。単品購入よりもお得になります。

広告募集中